ナビゲーションへ

コンテンツへ

トリガーポイントの疑問にドクターがお答えします。「イタミ家の教えてトリガーポイント」

第4回【部位別トリガーポイント】頭(頭痛など)
頭が痛いのですが、頭痛のトリガーポイントはどこにありますか?
図を用いて説明しよう!

後頭部のトリガーポイント・緊張型頭痛でみられるトリガーポイント

頭痛のトリガーポイントは頭の中心から約2.5cm(1番)と約5cm(2番)外側によく見つかります。また、人によって場所は異なりますが、後頭筋(3番)にもあります。

肩こりが原因で起こりやすい緊張型頭痛は頭の付け根(4番5番)だけでなく、肩にもトリガーポイントがあります(6番8番)。

参考文献
1) 「トリガーポイント注射の実際」著 山上裕章 p.7-8
2) 「トリガーポイント−その基礎と臨床応用−」編著 森本昌宏 p.121-124
3) 「頸肩上肢痛に対するトリガーポイントブロック」 山上裕章、 鍼灸osaka, 16(4), 355-362, 2000win

トリガーポイントは腰、肩だけでなく頭にもあるんだよ。理解できたかな?次回はトリガーポイント注射とのみ薬を解説します。

教えてトリガーポイントトップへ戻る

  • 第1回トリガーポイントとは
  • 第2回【部位別トリガーポイント】腰(腰痛・坐骨神経痛等)
  • 第3回【部位別トリガーポイント】肩(肩こりなど)
  • 第4回【部位別トリガーポイント】頭(頭痛など)
  • 第5回トリガーポイント注射とのみ薬
  • 第6回ツボと一致するトリガーポイント
  • 第7回痛みの悪循環

ページのトップへ戻る