ナビゲーションへ

コンテンツへ

トリガーポイントの疑問にドクターがお答えします。「イタミ家の教えてトリガーポイント」

第1回トリガーポイントとは
ボクの痛みにはトリガーポイント注射が良いと言われたのですが、トリガーポイントって何のことですか?先生、教えてください!
私がお答えしましょう!

トリガーポイントを直訳すると「引き金の点」です。
「トリガーポイントとは、そこへの刺激、たとえば圧迫、針の刺入などによって、関連域に関連痛を引き起こす体表上の過敏点のことである」と学術的には定義されていますが、簡単にいうとトリガーポイントとは圧痛点(押さえて痛い点)です。
また、トリガーポイントは東洋医学のツボの位置とよく一致するといわれています。
指で押したり、撫でたりしてトリガーポイントを探します。
トリガーポイント注射は、その圧痛点に局所麻酔剤あるいは局所麻酔剤を主剤とする薬剤を注射して、痛みを取ります。
痛みの悪循環をSTOP局所麻酔剤で神経の痛みの伝達を遮断し、一時的に神経を休めます。局所麻酔剤が効いているのはせいぜい1〜2時間程度ですが、その後も効果が持続するのは、神経を一時的に休ませることにより、「痛みの悪循環」と呼ばれる痛みを慢性化させる仕組みを断つからです。
注射による疼痛治療は、早く痛みを取りたい方、薬や理学療法が効かない方に有効です。

これでトリガーポイントのことは理解できたかな?次回は部位別にトリガーポイントの説明をします。

教えてトリガーポイントトップへ戻る

  • 第1回トリガーポイントとは
  • 第2回【部位別トリガーポイント】腰(腰痛・坐骨神経痛等)
  • 第3回【部位別トリガーポイント】肩(肩こりなど)
  • 第4回【部位別トリガーポイント】頭(頭痛など)
  • 第5回トリガーポイント注射とのみ薬
  • 第6回ツボと一致するトリガーポイント
  • 第7回痛みの悪循環

ページのトップへ戻る