ナビゲーションへ

コンテンツへ

トリガーポイントの疑問にドクターがお答えします。「イタミ家の教えてトリガーポイント」

第7回痛みの悪循環
痛みの悪循環とはどのような症状なんですか?
私がお答えしましょう!

痛みの悪循環

痛みがあると、その個所の血管が収縮し、筋肉が緊張します。すると、血液の流れが悪くなり、血液を通して送られる酸素や栄養が不足します。その結果、痛みを起こす物質が生じ、さらに痛みを引き起こします。その痛みはさらに血管を収縮し、筋肉を緊張させ、同じ流れを繰り返します。これを痛みの「悪循環」と呼んでいます。この悪循環におちいると、症状は慢性化していきます。もともとの痛みの原因がなくなっても、この痛みの悪循環が残っていると、いつまでも痛みが取れなくなるのです。

慢性的な痛み

ですから、どんな痛みでも痛みの悪循環によって慢性的な痛みになる前に、処置を行なうことが大切です。トリガーポイント注射や神経ブロックは、血流を改善し痛みを起こす物質を洗い出し、自然治癒を促進する働きがあります。お風呂に入って体を温めると痛みが楽になるのもこれと同じように血流がよくなり痛みを起こす物質を洗い出すからです。

全7回 トリガーポイントについて疑問に答えてきましたが理解できたかな?トリガーポイントの疼痛治療は、病院・診療所へご相談ください。

医療機関検索

教えてトリガーポイントトップへ戻る

  • 第1回トリガーポイントとは
  • 第2回【部位別トリガーポイント】腰(腰痛・坐骨神経痛等)
  • 第3回【部位別トリガーポイント】肩(肩こりなど)
  • 第4回【部位別トリガーポイント】頭(頭痛など)
  • 第5回トリガーポイント注射とのみ薬
  • 第6回ツボと一致するトリガーポイント
  • 第7回痛みの悪循環

ページのトップへ戻る