ナビゲーションへ

コンテンツへ

トリガーポイントの疑問にドクターがお答えします。「イタミ家の教えてトリガーポイント」

第3回【部位別トリガーポイント】肩(肩こりなど)
私は肩こりがひどいのですが、肩こりのトリガーポイントは、どこにありますか?
肩こりのトリガーポイントと一緒に、肩部のトリガーポイントを説明しましょう!

肩後部・肩前部のトリガーポイント

肩こりは僧帽筋が凝っている場合が多く、1番によくトリガーポイントがあります。その他、2番4番に見つかることもあります。

肩関節の周囲に痛みを訴える患者さんも多くおられます。肩関節は体内に存在する多くの関節の中で最大の可動域があり、多くの靭帯と筋肉で補強されています。従って、加齢による変化や使いすぎなどによって、容易に関節周囲に痛みを生じ、その痛みは総称として『肩関節周囲炎』と呼びます。『五十肩』もこれに含まれます。
肩関節周囲炎は人によって原因組織が違いますので、肩後部だけでなく前部まで広範囲にトリガーポイントを探します(1番2番4番10番)。肩関節周囲炎は複数個所にトリガーポイントが見つかることが多く、数箇所に注射をする場合があります。

また、首の骨の疾患である頚椎症や鞭打ち症などでも肩後部1番6番にトリガーポイントが認められます。

参考文献
1) 「トリガーポイント注射の実際」著 山上裕章 p.10-12
2) 「トリガーポイント−その基礎と臨床応用−」編著 森本昌宏 p.135-139
3) 「頸肩上肢痛に対するトリガーポイントブロック」 山上裕章、 鍼灸osaka, 16(4), 355-362, 2000win

肩こりから緊張型頭痛になる場合があるんだよ。次回は頭部のトリガーポイントを解説します。

教えてトリガーポイントトップへ戻る

  • 第1回トリガーポイントとは
  • 第2回【部位別トリガーポイント】腰(腰痛・坐骨神経痛等)
  • 第3回【部位別トリガーポイント】肩(肩こりなど)
  • 第4回【部位別トリガーポイント】頭(頭痛など)
  • 第5回トリガーポイント注射とのみ薬
  • 第6回ツボと一致するトリガーポイント
  • 第7回痛みの悪循環

ページのトップへ戻る